AV女優になりたい女性の為に

アダルトビデオの誕生以来長年全ての年代の男性から絶大な人気を誇るAV女優。
そして今ではTV・映画で数多く活躍しセクシー女優・セクシーアイドルと呼ばれているAV女優。
そんなアダルトでセクシーが売りのAV女優も、女性からは人気・可愛さとともに大金も手に入れられる憧れの職業、そして現在AV女優になりたい女性が大変増えてきています。
「AV女優になりたい!」
「AV女優になって稼ぎたい!」
「AV女優になって有名になりたい!」
「AV女優になって人気者になりたい!」
「AV女優になるにはどうすればいい?」
そんな多くのAV女優になりたい女性の為の案内サイトです。

AV女優になるには?

AV女優になるには、まずどうすればいいでしょうか?

AV女優になるための年齢

女性がAV女優になるにはまず絶対必須な第一条件として、年齢が18歳を過ぎている事が条件となります。
18歳未満、もしくは高校在学中はどんなにAV女優になりたくてもなる事が出来ません。
また、法律上は18歳からAV女優になる事が出来ますが、業界では20歳未満はなかなか雇われずらいのも現状です。
というのも、法的には18歳でも19歳でもAV女優になる事は出来ますが、未成年では出演に関する契約書の記入に関して、若干問題が出やすいためです。
そしてそれとは別で本人の生活スタイルでも、高校卒業したての18歳・19歳の時は別の事をしていて、正式にAV女優になりたいと決断する頃が20歳を過ぎてからというのも多く、その結果、実際は20歳を過ぎてからAV女優になる女性がほとんどです。

AV女優になるためのルックス

AV女優になるための法的な条件である年齢資格が満たされていた上で、AV女優になるために一番大切なことは、やはりルックスです。
AV女優の仕事は映像の仕事、そして男性が興奮するのも女性のルックス、とにかくルックスの良さが大切です。
可愛い系、綺麗系、清楚系、ギャル系、セクシー系、妹系、お姉さん系、AV女優のジャンルは沢山ありますが、どのジャンルのAV女優になるとしてもとにかくルックスが良い女性ということが大事です。
そしてそのルックスは顔だけではなく体にも言える事で、なるべく巨乳や美乳、なるべく巨尻や美尻、なるべくくびれたウエスト、がAV女優になりやすい体です。

AV女優になるための人間性

AV女優になるにはまずルックスが良ければ大半OKですが、人間性も多少ながら必要です。
というのも、AVを作るという仕事はとにかく女性あっての仕事で、AV女優となる女性一人の為にAV男優・カメラマン・音声・監督の皆が現場に集まり準備・撮影・製作するもので、もし肝心のAV女優が適当な性格で仕事をドタキャンするような事でもあれば全ての準備・時間・費用はパーになってしまう大ごとだからです。
そしてそんな大事件が起こる事も無くは無いのが実際のAV業界だからです。
そうなるとAV制作関係者やAV女優の所属しているAVプロダクションなど、とにかく多くの人に多大な迷惑・損害がかかってしまいます。
ですのでAVプロダクションもAV女優の面接をする際に、女性のルックスだけでなくドタキャンや当日欠勤などせず真面目に来てくれる女性かも見抜く必要があるため、仕事に対して不真面目や適当な女性ではいくらルックスが良くてもAV女優になれないこともあります。

AV女優のなり方・なる方法は?

AV女優のなり方・AV女優になる方法は色々有ります。
勿論、AV女優になるための条件が満たされての話ですが。
AV女優になる方法は様々で、
・AVプロダクションの求人募集に応募するAV女優のなり方
・AVプロダクションにスカウトされてなるAV女優のなり方
・AVプロダクション紹介会社に案内されてなるAV女優のなり方
・路上スカウトマンにスカウトされてなるAV女優のなり方
・人の紹介でAV女優になるなり方
・働いている風俗店の紹介でAV女優になるなり方
このどれかかと思います。
ただ、路上スカウトマンは違法な集団ですので、正直関わるのはおすすめできません。
また、人の紹介や働いている風俗店の紹介も、紹介で良く扱われる場合もありますが、紹介だからわがままが言いづらく、辞めづらいという悪い点もある為、ベストではありません。
AVプロダクションの求人募集やスカウトからのAV女優のなり方は基本的ではありますが、中には悪いAVプロダクションも無くはないので、注意が必要です。
AVプロダクション紹介会社は、その会社の存在自体が少ないのが難ですが、この中では一番安心して安全にAV女優になれる道かと思います。
以上がAV女優のなり方です。
どれも一長一短があり(路上スカウトなど違法な物も・・・)どんな繋がりからAV女優になるかはその女性次第ですが、おすすめとしては評判の良いAVプロダクションに自分から応募するか、AVプロダクション紹介会社を見つけて紹介してもらうのがおすすめです。

ページの先頭へ